利息を減らして返す

カードローンを利用する時に気になるものの1つが利息です。キャッシングやカードローンは便利な分、金利も高いとよく言われています。

 

払う利息を減らすために一番大切な対策は、借入を減らすという方法です。安易に借入れを繰り返してしまうと、借入残高が増えていきます。カードローンの利息は借入残高に対して算出されるので、借入が多い程かかる利息も大きくなります。カードローンの借入れは、本当に必要な時に、必要な分だけ借りると心得ておきましょう。

 

とはいえ、借入を全くしないのであればカードローンを契約する意味もありません。借入れした後の対応にもコツがあります。カードローンの返済は約定返済と言って、決まった金額だけ返していけばいつかは完済します。しかし、約定返済は最低限の返済しか行わないので、借入残高が中々減りません。そこで有効なのが随時返済です。好きなタイミングで、追加で返済ができます。

 

随時返済で、約定返済とは別に返済を行っていけば、借入残高はどんどん減っていきます。それによってかかる利息も少なくなります。利息を減らしたいのであれば、できるだけ多めに返済するのが有効です。

 

多めの返済については、完済間近のタイミングよりも、借入れ直後の方法が、効果が大きくなります。

 

もちろん返済時の負担となる利息を削減できる低金利で借りられるカードローンで比較をしておくことも大事ですが、借り入れ後の返済負担の削減を考えるなら利息を減らせるような返済の進め方を行う必要があります。