審査に通りやすくする

カードローンの契約時には審査があります。審査ではその人の返済能力を診断されますが、返済能力がないと判断されてしまうと審査に落ちてしまいます。カードローンの申込みの一番の不安が審査だという人もいます。落ちてしまうとお金が借りられないからです。

 

カードローンの審査に通りやすくなるのにも、コツがあります。まず、カードローン選びではできれば消費者金融、それが嫌だとしても金利が高めの銀行カードローンを選びましょう。金利を見れば低い方がうれしいのは当然です。しかし、金利の低いカードローンはそれだけ審査のハードルも高くなります。審査に自信があるならいいのですが、不安があるなら大手消費者金融が安心でしょう。

 

続いて、申込み金額は少ない方が審査に通りやすくなります。申込み金額が大きければ、それだけ年収などのハードルも上がります。限度額については、契約後でも信用を積めば、増額が可能です。

 

3つ目のコツとして、利用中のクレジットカードやカードローン、未使用のものも含めて、できるだけ整理しましょう。複数の借入れがあると、それだけ審査も厳しくなります。特に現在使っていないクレジットカードなどについては、審査が厳しくなるだけなので早急に解約してしまいましょう。

 

一昔前は店舗でのキャッシングであれば審査に通りやすいなどと言われていましたが、今では大手の消費者金融でも店舗が少なくなっているのであまり関係ありません。

 

審査に通るか通らないかは収入や信用情報、そして審査基準などによって左右されるので、どこで手続きをするかではなく審査の基準を気にして申込みを進めたほうが良いです。